あなたの「肝臓」は大丈夫??

あなたの「肝臓」は大丈夫??

こんにちは(^^)/加藤です。元気ですか~~!!
皆さん以前にご紹介した五臓六腑は覚えていますか?今日はそのうちのひとつ「肝臓」について説明致しますね。
まずは肝臓の機能が著しくないと起こりやすい症状を紹介いたします。あなたはいくつ当てはまりますか??

☐最近、頭痛をよくするようになった ☐顔色が悪いとよく言われる

☐不眠が続いている ☐顔や手の平が黄色みがかっている

☐下半身がだるい ☐右肩や首筋がこる ☐尿が濃く茶褐色である

☐ストレスにより自律神経の乱れを感じる

いくつ当てはまりましたか?もしも、3ヶ以上当てはまってしまった方は要注意です!

【 肝臓の働きについて 】

では、まず肝臓とはどのような働きをしているのか説明致しますね。
  • 代謝という働き → 「体温の調節」に繋がるのです!

身体に必要なエネルギー(たんぱく質・脂肪などの栄養素)を貯めておいて、必要な時に身体に送り出す働き。
  • 解毒という働き → 身体に有害な物質(アルコールや薬etc)を分解!

アルコールや薬など有害物質を分解し、身体に影響を及ぼさないようにする働き。正常に働かないと二日酔いなってしまうかもしれません。私も気を付けます(^_^;)
  • 胆汁の生成 → コレステロールを溜めることを防止!

胆汁とは、身体に不必要な脂肪を消化します。その胆汁を生成するのが肝臓なのです。

【 肝臓に対する重要なツボ 】

① 太衝(たいしょう)  足の親指と人差し指の間
グーパーグーパーと指を動かすだけでもOK!

② 気海(きかい)   へそ下に指2本分
両手の平をあてると効果大です!

  

③章門(しょうもん)下方の肋骨のきわ ④期門(きもん)上方の肋骨のきわ  

  

中指でやや強めに刺激して下さい。お風呂に入りながら行うと効果大です。
⑤身柱(しんちゅう)肩甲骨の間 ⑥肝兪(かんゆ)背中の中央

  

このツボは自律神経のツボでもあります。自律神経を安定させるためにも、肩甲骨を良く動かして刺激してあげると良いです。ホカロンなどで温めるだけでも効果があります。
ツボとは何度も押すのではなく、ゆっくり押圧して下さい。お風呂に入ってリラックスしているときに行うとより効果的です。

 

 

You may also like