自律神経について その2

自律神経を安定させる  ツボ”

こんにちは加藤です(^-^) 元気ですか~!!
今回は「自律神経について その2」 です。前回の自律神経その1 は読んで頂けましたか?自律神経が身体にとってどれだけ重要なのか理解して頂けたでしょうか?
今回は【 顔 ・ 腕 】のツボをお教え致します。と、その前にちょっと復習を致しましょう。

【 ちょっと復習!(^^) 】

「自律神経」とは、自分の意思と関係なく刺激や情報に反応して、身体の機能をコントロールする神経です。
わかりやすくいうと、手を動かすことや足を動かすということは意識すれば出来ます。逆に、胃や腸を自分で動かそうと思っても出来ませんし、血液を流すこともできません。この“意識してもできないこと”をこの自律神経がコントロールしているのです。
この自律神経が、人間の身体の中にある「 気 」の流れと大きく関わっているのです。
ストレスなどが原因で自律神経を乱してしまうと、「気」の流れを悪くさせ様々な症状に繋がってしまいます。全身のダルさ・動悸やめまい・胃痛や、更に症状が強くなると鬱(うつ)など大きな病気に至ることもあるのです。
なので、前回紹介したツボはもちろん、今回紹介するツボも良く刺激してご参考にして下さいね(^-^)

 

【 自律神経に対するツボ <その2: 顔 > 

四白(しはく)

  • 目の下の頬骨のくぼみです。頬骨に沿って上方にやさしく刺激してあげて下さい。ストレス解消、リラックスにも最適です。
  • 自律神経失調症だけでなく、眼精疲労や顔の痙攣、顔のむくみ・たるみなどにも効果が期待できます。目の周りは血管が細いのでゆっくり刺激してあげて下さい。

 

【 自律神経に対するツボ <その3: 腕 > 

②内関(ないかん)

  • 内関は手首の内側の線から指幅3本分の位置し中央部にあります。
  • 重度の自律神経失調症の場合、常に気持ち悪く、吐き気を催してしまう場合があります。そうなる前にこの内関はとても効果的です。気分が悪くなる前に、普段からゆっくり刺激してあげて下さい。

 

ツボは病気を治すというより、未然に防ぐということの効果を発揮します。

人間に備わっている自然治癒力を高める手助けをしてくれるのです。

 

次回は【自律神経について その3 】です。その3は鍼(はり)治療での最大のツボに関して解説を致します。

実際に治療を受けた患者さんのお話などもご紹介致します。期待して下さいね(^-^) ダァ~!!!

 

 

You may also like