自分で押せるツボ その5

自分で押せる「顔のツボ」

こんにちは!加藤です。

元気ですか~~~!!!

今回は自分で押せる「顔のツボ」です。実はこの顔のツボも患者さんからのリクエストなのです。この患者さんは眼精疲労と頭痛で悩んでいて、更にストレスで自律神経も乱れてしまっているのです。
仕事も夜遅くまでで、なかなか当院に来院が出来なくてご相談頂きました。少しでもお役に立てればと思っています。皆さんも是非ご参考にして下さい。

「顔のツボ」

①【四白(しはく)】

  • 目の下の頬骨のくぼみ。その部分を刺激したら、その頬骨に沿って外側にゆっくりやさしく刺激してあげて下さい。
    それにより「眼精疲労」はもちろん「顔の痙攣」などにも効果が期待できます。
  • この四白は自律神経との関わりがとても大きいのです。
  • 女性には「目の下のくま」「顔のむくみ・たるみ」などにも効果があり、美容のツボとも言われています。

②【攅竹(さんちく)】

  • まゆげ内側の小さいくぼみ。くぼみを刺激したら眉毛に沿って外側にゆっくり刺激してあげて下さい。
  • 攅竹は特に「目の疲れ」「眠気」など目に関係する症状に効果的です。また頭痛や顔のむくみにも有効です。

※この【四白】と【攅竹】を挟むように手で覆ってください。

 

優しく覆うだけで大丈夫です。これこそ「自律神経の安定」に繋がるのです。


③【迎香(げいこう)】

  • 小鼻のすぐ脇のくぼみ。そのくぼみにやさしく圧を加えて下さい。
  • 迎香は「鼻水・鼻づまり」「花粉症」など鼻の不調に効果があります。
  • 鼻の周りの血流をよくすることで顔の肌も整えてくれる為「シミ・シワ・たるみ」にも効果的です。更に鼻通りが良くなり「いびき」にも効果が期待できます。
※顔のツボは軽い刺激で大丈夫です。自律神経を安定させる為にも、ゆっくり少し長めに刺激してあげて下さい。お風呂に入っている時など数分で構いませんので行ってみて下さいね(^-^)


ここで、先ほどから「自律神経」という言葉が出ていますが、そもそも「自律神経」とはいったい何なんだろう?と思った方もいるのではないですか??

わかりやすく説明していきますね(^-^)

「自律神経」とは、自分の意思とは関係なく刺激や情報に反応して、身体の機能をコントロールしている神経なのです。

「手を動かす・足を動かす」ということは意識すれば出来ます。しかし「腸を動かす・血液を流す」ということは意識をしても出来ません。

この“意識しても出来ないこと”を自律神経が支配しているのです。

他にも、栄養を体内に吸収することや、五臓六腑を整えること、更に精神面(情緒不安定)もこの自律神経が大きく関わっているのです。

そしてこの自律神経は、正反対の働きをする「交感神経」と「副交感神経」というつの神経からなっているのです。この2つの神経が、バランスよく働くことにより健康状態を保つことが出来るのです。

この自律神経を安定させる為にも、先ほど紹介したツボをよく刺激してあげて下さい。普段から意識する事がとても大切なのです。

更に効果を望むのであれば鍼(はり)またはお灸(きゅう)です。

鍼やお灸には身体の表面だけではなく、深部にまで刺激を与えてくれますので即効性があります。更に背骨や骨盤にも多くのツボがあり、五臓六腑の機能活性化にも繋がります。自律神経の乱れは様々な疾患に繋がる可能性もありますので身体のケアは心掛けていきましょうね。(^o^)

既に自律神経失調症などで様々な症状が出てしまいお困りの方は是非ご相談下さい。

更に、内臓に関して何かお悩みの方(五臓六腑に関してもOK)もいらっしゃいましたらご遠慮なくご相談ください。

と、その前に・・・「五臓六腑」全部知ってますか??・・・次回のブログもご期待くださいな(*^。^*)

加藤 祐樹(かとう ゆき)

You may also like