ツ ボ

【内臓に効いたツボ!! パート2】

こんにちは 鍼灸師の加藤 祐樹です。(^-^)

元気ですか~~~!!!

今回は【内臓に効いたツボ パート2】です。今回もたくさんの患者さんから多くの生の声を頂くことが出来ました。本当にありがとうございます。m(__)m

患者さんが鍼治療を受ける前と後の気持ちや、治療後の効果はどうだったか!?などご紹介していきます。皆様のご協力により高度なものが仕上がりましたので是非ご期待ください。

ツボというは肩こりや腰痛はもちろん、内臓にも効果があるのです。その中でもとても好評だったツボをご紹介致しますね。



【章門(しょうもん) 期門(きもん)】

    

【章門・期門は・・・肝臓に効果!】

  • 【章門】身体の正面で1番下の肋骨のキワ部分です。
  • 【期門】章門から指3本分斜め上で肋骨と肋骨の間です。
  • 肝臓の位置は身体の右上の部分ですが、刺激をするときは左右両方とも刺激してあげて下さい。章門から期門に向かって刺激するとより効果的です。
  • 更にこの左右の章門と期門を「手のひら」で圧を加えて下さい。肝臓に対する「気」の流れが良くなるのです。
  • 「ツボの位置がなかなか分からなかったのですが、手のひらで圧を加えると暖かさが伝わりとても気持ち良かったです。」

【 関元(かんげん)気海(きかい) 】

     

【関元・気海は・・・泌尿器系(大腸・小腸)に効果!】

  • 【関元】「おへそ」から下に指幅4本分のところです。
  • 【気海】「おへそ」から下に指幅2本分のところです。
  • このおへその下の部分を「丹田」と言い、「気」が集まるところで重要なツボが多々あります。特にこの関元と気海を「手のひら」で当ててゆっくり押し込んで下さい。それにより更に効果が更に出てくるのです。

  • 冷え症や生理痛に悩む方は必見です。足腰のだるさや弱さの回復にも有効なツボです。やさしく刺激してあげて下さいね。
  • 「寝る前に必ずおへその下をゆっくり両手で数分ですが抑えています。そうすると、次の日の朝がとても楽で今では悩んでいたお通じも治りました。」

【中かん(ちゅうかん)】

【中かんは・・・胃腸に効果!】

  • 中かんは胃の調子を正常に戻してくれるため胃痛・胃もたれ・食欲不振などに効果があります。
  • 更に胃の調子が改善されると脂肪燃焼が向上しやすくダイエットのツボの1つくとも言われています。
  • この中かんも先ほど同様、「手のひら」でゆっくり当てて押し込んで下さい。それにより更に効果が更に出てきます。

  • 「なぎさ整骨院で先生にお腹の治療して頂いてから体調がとてもよくなりました。本当にありがとうございます。m(__)m」

☞先ほどの「手のひら」ですが、実は手のひらの中央部分には【労宮(ろうきゅう】というツボがあるのです!なんと、そこから誰でも「気」を出すことが出来るのです!

今回、紹介したツボに左右の手のひら(労宮)を重ねてゆっくり当てて圧を加えてみて下さい。全身に気の流れ・血液の流れが良くなり相乗効果に繋がりますよ。(^^)


☞今回の【内臓に効いたツボ パート2 】いかがでしたか??これは実際に鍼を行った患者さんからの生の声です。本当にありがとうございましたm(__)m

☞次回は先ほどから出ている「気」のお話もしていきたいと思います。もちろん患者さんからの声もご紹介致しますm(__)m

次回は・・・平成30年12月28日(金)です。

☞何かわからないことや、気になることなどありましたらお問い合わせ下さいね。次回も楽しみにしていて下さい。(^-^)ダァ~~~!!!

 なぎさ鍼灸整骨院  ☎ 043-301-2082 鍼灸師 加藤 祐樹(かとう ゆき)

You may also like