患者さんからの声

【患者さんからの声】

こんにちは 鍼灸師の 加藤 祐樹 です!(^-^)

元気ですか~~~!!!!!

今回も多くの患者さんから様々なご意見やご感想、有り難きお言葉を頂くことが出来ました。本当にありがとうございます。m(__)m

患者さんが治療を受ける前と後の気持ちや、治療後の効果はどうだったか!?などご紹介していきます。皆様のご協力により高度なものが仕上がりましたのでご参考にして頂ければ幸いです。m(__)m



【四白(しはく)】

  

  • 目の下の頬骨のくぼみです
  • その部分を刺激したら、その頬骨に沿って外側にゆっくりやさしく刺激してあげて下さい。「眼精疲労」はもちろん「目の下のくま」「顔のむくみ・たるみ」などにも効果があり、美容のツボとも言われています。
  • この【四白】を挟むように手で覆ってください。優しく覆うだけで大丈夫です。これこそ「自律神経の安定」に繋がるのです。
  • 「お風呂に入りながらこのツボをいつも刺激しています。ストレス解消にはとても良いです!」

  • 「毎日パソコンを見ていてかなり眼は疲れてました。でもこの四白を刺激するようになってからだいぶ落ち着いてきました。」


 【迎香(げいこう)】

  • 小鼻のすぐ脇のくぼみです。
  • 中指でそのくぼみにゆっくり圧を加えてゆっくり放して下さい。強すぎず弱すぎずがベストです。お風呂に入っている時に行うと良いですよ。
  • 「鼻水・鼻づまり・花粉症」など鼻の不調に効果があります。
  • 「毎年、春には花粉症で悩んでいたのですが、今年は何とか乗り越えられそうです!」

  • 「先生に聞いてから、この迎香と四白を両方とも刺激しています。最近は鼻の通りも良くなり運動がしやすくなりました(^^)」


 【足三里(あしさんり)】

  • この「足三里」は何度も何度も紹介しています。それだけ、大切であり重要なツボということなのです!!
  • 膝のお皿の下のくぼみから指幅4本分下にさがった「すね」の少し外側に位置します。
  • この足三里から下方へ(上から下へ)指圧してみて下さい。胃に対する「気」の流れを良くしてくれて効果が更に増します。
  • 「今まではよく夜中に足がツってしまっていたのです。でもこの足三里をお風呂でよく刺激するようになってから全くなくなりました(^^)」

  • 「先生には、いつもこの足三里をよく押してもらってます。とっても1番気持ちが良いです。(^^)」



☞いかがでしたか?これは実際に鍼を行った患者さんからの生の声です。本当にありがとうございましたm(__)m

☞何かわからないことや、気になることなどありましたらお問い合わせ下さい。

☞今年もいろいろとありがとうございました。m(__)m 今後もツボの話や患者さんの声はもちろん、内臓疾患のことや「気」についてお話していきたいと思います。今後もよろしくお願い致します。(^-^)ダァ~~~!!!

では、良いお年をお迎えください。

 なぎさ鍼灸整骨院  ☎ 043-301-2082 鍼灸師 加藤 祐樹(かとう ゆき)
Continue Reading

ツ ボ

【内臓に効いたツボ!! パート2】

こんにちは 鍼灸師の加藤 祐樹です。(^-^)

元気ですか~~~!!!

今回は【内臓に効いたツボ パート2】です。今回もたくさんの患者さんから多くの生の声を頂くことが出来ました。本当にありがとうございます。m(__)m

患者さんが鍼治療を受ける前と後の気持ちや、治療後の効果はどうだったか!?などご紹介していきます。皆様のご協力により高度なものが仕上がりましたので是非ご期待ください。

ツボというは肩こりや腰痛はもちろん、内臓にも効果があるのです。その中でもとても好評だったツボをご紹介致しますね。



【章門(しょうもん) 期門(きもん)】

    

【章門・期門は・・・肝臓に効果!】

  • 【章門】身体の正面で1番下の肋骨のキワ部分です。
  • 【期門】章門から指3本分斜め上で肋骨と肋骨の間です。
  • 肝臓の位置は身体の右上の部分ですが、刺激をするときは左右両方とも刺激してあげて下さい。章門から期門に向かって刺激するとより効果的です。
  • 更にこの左右の章門と期門を「手のひら」で圧を加えて下さい。肝臓に対する「気」の流れが良くなるのです。
  • 「ツボの位置がなかなか分からなかったのですが、手のひらで圧を加えると暖かさが伝わりとても気持ち良かったです。」

【 関元(かんげん)気海(きかい) 】

     

【関元・気海は・・・泌尿器系(大腸・小腸)に効果!】

  • 【関元】「おへそ」から下に指幅4本分のところです。
  • 【気海】「おへそ」から下に指幅2本分のところです。
  • このおへその下の部分を「丹田」と言い、「気」が集まるところで重要なツボが多々あります。特にこの関元と気海を「手のひら」で当ててゆっくり押し込んで下さい。それにより更に効果が更に出てくるのです。

  • 冷え症や生理痛に悩む方は必見です。足腰のだるさや弱さの回復にも有効なツボです。やさしく刺激してあげて下さいね。
  • 「寝る前に必ずおへその下をゆっくり両手で数分ですが抑えています。そうすると、次の日の朝がとても楽で今では悩んでいたお通じも治りました。」

【中かん(ちゅうかん)】

【中かんは・・・胃腸に効果!】

  • 中かんは胃の調子を正常に戻してくれるため胃痛・胃もたれ・食欲不振などに効果があります。
  • 更に胃の調子が改善されると脂肪燃焼が向上しやすくダイエットのツボの1つくとも言われています。
  • この中かんも先ほど同様、「手のひら」でゆっくり当てて押し込んで下さい。それにより更に効果が更に出てきます。

  • 「なぎさ整骨院で先生にお腹の治療して頂いてから体調がとてもよくなりました。本当にありがとうございます。m(__)m」

☞先ほどの「手のひら」ですが、実は手のひらの中央部分には【労宮(ろうきゅう】というツボがあるのです!なんと、そこから誰でも「気」を出すことが出来るのです!

今回、紹介したツボに左右の手のひら(労宮)を重ねてゆっくり当てて圧を加えてみて下さい。全身に気の流れ・血液の流れが良くなり相乗効果に繋がりますよ。(^^)


☞今回の【内臓に効いたツボ パート2 】いかがでしたか??これは実際に鍼を行った患者さんからの生の声です。本当にありがとうございましたm(__)m

☞次回は先ほどから出ている「気」のお話もしていきたいと思います。もちろん患者さんからの声もご紹介致しますm(__)m

次回は・・・平成30年12月28日(金)です。

☞何かわからないことや、気になることなどありましたらお問い合わせ下さいね。次回も楽しみにしていて下さい。(^-^)ダァ~~~!!!

 なぎさ鍼灸整骨院  ☎ 043-301-2082 鍼灸師 加藤 祐樹(かとう ゆき)
Continue Reading

 ツボ  

【内臓に効いたツボ!!】

こんにちは 鍼灸師の加藤 祐樹です。(^-^)

元気ですか~~~!!!

今回は【内臓に効いたツボ】をご紹介いたします。今回も患者さんから多くの生の声が聞けたのでご紹介致しますね。

ツボというは、肩こりや腰痛だけではなく内臓にも効果があるのです。今回はその中でも患者さんにとても好評だったツボをご紹介致します。

更に患者さんが鍼治療を受ける前と後の気持ちや、治療後の効果はどうだったか!なども紹介していきます。皆様のご協力により高度なものが仕上がりましたので是非ご期待ください。



【 湧泉(ゆうせん) 】

【湧泉は・・・腎臓に効果があるのです!】

  • 足の5本指をグッと内側に曲げると足裏にくぼみができます。その中央のくぼみの中央が湧泉のツボです。
  • 足や腰の冷え・むくみ・下半身の筋肉疲労などを改善し、足裏にある最大のツボなのです。
  •  「この湧泉を刺激されるようになってから足腰が軽くなりました。今では自分でもゴルフボールなどの上に立ってよく刺激しています。(^^)」

【太衝(たいしょう)】

太衝は・・・肝臓に効果があるのです!】

  • 足の親指と人差し指の骨と骨が合わさる合流点です。
  • 肝臓は身体に必要なエネルギーを送り出す「代謝」という働きをしています。これにより「体温の維持」「血糖値を下げる」影響もあるのです。
  • アルコールなどの有害物質を分解する「解毒」という働きもしています。
  • 「先生から”アルコールも分解するのです”と聞いてから飲み会の後は常に刺激をしています(^^)二日酔いにはなりませんでした。」

【内関(ないかん)】

【内関は・・・に効果があるのです!】

  • 内関は手首の内側の線から指幅3本分の位置し中央部にあります。
  • 日頃のストレスや食欲不振などに効果があります。更に吐き気や乗り物酔い等にも良いので気分が悪くなる前にゆっくり押圧して下さい。
  • 「子供が車酔いがひどかったのですけど、自分で内関を刺激させながら出かけたら大丈夫でした。ありがとうございました。m(__)m」



☞今回の【内臓にと効いたツボ 】いかがでしたか??これは実際に鍼を行った患者さんからの生の声です。他にも患者さんから様々な事が聞けたのです!大好評でした!と、いうことで・・・

☞次回は・・・【内臓に効いたツボ パート2 】です。もちろん患者さんの生の声もご紹介致します。(^-^)

日程:平成30年12月14日(金)です。m(__)m

☞やっぱり、患者さんからの生の声はとても嬉しいですね。(*^。^*)何かありましたらお問い合わせ下さい。(^-^)ダァ~~~!!!
 なぎさ鍼灸整骨院  ☎ 043-301-2082 鍼灸師 加藤 祐樹(かとう ゆき)
Continue Reading

ツボ

【とても効いたツボ ベスト5!!】

こんにちは 鍼灸師の加藤 祐樹です。お久しぶりでございます。m(__)m

【お詫び】 今回の新作ブログ、予定日よりも遅くなってしまい大変申し訳ございませんでした。m(__)m
実は、患者さんから様々なお話を聞くことが出来きたのです。その声が思ったよりも多く、仕上がりが遅くなってしまい間に合いませんでした。本当に申し訳ございませんでした。
しかし、患者さんからの生の声を聞けることにより、より良いもの、高度なものが仕上がりましたので是非ご期待ください。m(__)m
「とても効いたツボ」はもちろん、患者さんが鍼治療を受ける前と後の気持ちや、治療後の効果はどうだったか!などご紹介していきたいと思います。


第 5 位「足三里(あしさんり)」

  • 膝のお皿の下のくぼみから、指の幅4本分下がった「すね」の少し外側に位置します。
  • 足のむくみ・疲れに効果あります。中指か親指でくぼみに圧を少し強めに加えて下さい。下方(足首)に向かって押すと効果大です。
  • 胃のツボでもあるので胃痛・食欲不振など胃の機能改善に繋がります。
  • 「足三里に鍼(はり)をしてもらった時に、最初は何も感じなかったのですが、後から足の親指の方まで暖かくなり循環が良くなってるな~と感じました。(^^)」

 


第 4 位「環跳(かんちょう)」

  • 立った状態で(または横向き)お尻の中央のくぼみに位置します。中指でそのくぼみに圧をやや強めに加えて下さい!
  • 腰痛はもちろん股関節や膝の痛みにも効果があります。ヒップアップの効果もあります。
  • 仰向けになり、くぼみ部分をテニスボールで刺激するのも良いです。(痛い場合はすぐ止めて下さい。)
  • 「仕事が休みの日に、家で朝起きて環跳をテニスボールで刺激したら、その日は足が軽くなり気分爽快でした。(^-^)」

 


第 3 位「迎香(げいこう)」

  • 小鼻のすぐ脇のくぼみに位置します。中指でそのくぼみに圧を少し弱めに加えて下さい。
  • 鼻水・鼻づまり・花粉症など鼻の不調に効果があります。
  • 迎香はリラックスのツボでもあり、自律神経の安定にも繋がります。お風呂に入りながら行うと効果が更に増します。
  • 「迎香をよく刺激し始めて鼻の通りがすごい良くなりました!花粉症も治りそうです。!(^^)!」

 

 


第 2 位「合谷(ごうこく)」

  • 人差し指と親指が合流する根元から少し上方です。
  • 合谷は「万能ツボ」といわれています。特に頭部顔部の疾患によく効くツボです。大腸とも関連していて便秘や下痢によく効きます。
  • この合谷の反対側(手の平側)にも「裏合谷(うらごうこく)」というツボがあるのです。この2つのツボを挟む様に刺激してあげると効果がさらに増します。
  • 「合谷と裏合谷を挟む様に刺激をするととても気持ち良く、今では気付いたら常に行っています。(^^)」

 


第 1 位「風池(ふうち)」

  • 後頭部の髪の生え際にあり、首の骨から指2本分外側辺りのくぼみに位置します。更に風池の内側に天柱(てんちゅう)というツボもあります。効果が増しますのでので合わせて圧を加えて下さい。
  • 中指で反対側の眼に向かい斜めに圧を加えて下さい。効果が増しますよ!
  • 「風池」は邪気が集まる場所と言われているので、よく刺激をして邪気を溜めないようにして下さい。
  • 「この風池を刺激するようになってから、目の疲れがとても取れました。今ではお風呂の中や寝る前によく押してます。視力も回復した感じです。(*^。^*)」

 


☞今回の【とても効いたツボ ベスト5 】いかがでしたか??これは実際に鍼を行った患者さんからの生の声です。他にも患者さんから様々な事が聞けたのです!大好評でした!と、いうことで・・・

☞次回は・・・【内臓に効いたツボ ベスト5 】です。もちろん患者さんの生の声もご紹介致します。(^-^)

日程:平成30年11月30日(金)

※次回は予定通りに記載いたします。m(__)m

☞秋と言えばスポーツの秋!も一緒に歩きませんか?それとも走りますか?正しい歩き方や走り方お教え致します。お問い合わせ下さい。(^-^)ダァ~~~!!!
 なぎさ鍼灸整骨院  ☎ 043-301-2082 鍼灸師 加藤 祐樹(かとう ゆき)
Continue Reading

自分で押せるツボ その9

自分で押せる【生理痛のツボ】

こんにちは 鍼灸師の加藤 祐樹です(^-^)

元気ですか~~~!!!

今回のツボは女性必見です!困っている女性の方は是非ご参考にして下さい。
痛みを抑えるツボはもちろん、普段から心掛ける注意事項も教えていきます。身体のケアは常に意識しておきましょうね。!(^^)!

【生理痛のツボ

①三陰交(さんいんこう)

  • 足の内側で内くるぶしから指3本分の位置にあります。

  • 冷え性・更年期障害にもよく効き、更に腰痛にも最適です。

②血海(けっかい)

  • 膝のお皿の上、内側の角から指3本分の位置にあります。

  • 生理痛は左側に現れることが多いのでよく刺激してあげて下さい。

 ③気海(きかい)         ④関元(かんげん)

            

  • おへそから指2本分の位置     ・おへそから指4本分の位置

この2つのツボを下記図のようによ~く温めて下さい!!


~ 更に心掛けてみて下さい ~

【身体を温める!】何度も言いますが、カイロなどで下腹部や子宮や腰のまわりを温め血行をよくして下さい。

【身体を締めつけない服装!】ジーンズやガードルなどで身体を締めつけていると、血流の流れが悪くなり、生理痛を悪化させます。

軽いストレッチをする!身体を動かすことで全身の血行改善に繋がります。更にストレス解消にもなります。

男性も、さりげない気遣いをもちましょうね!!(^-^)】



☞ツボは病気を治すというよりは未然に防ぐことに効果を発揮します。人間に備わっている自然治癒力を高めることで身体を正常の状態に戻す手助けをしてくれるのです。

☞そして、次回は・・・【 とても効いたツボ ベスト5 】です!

日程:平成30年11月16日(金)

これは、実際に鍼を行った患者さんからの声です。他にも患者さんから様々な事が聞けましたのでご紹介いたしますね。ご期待ください(^^)
☞秋と言えばスポーツの秋!も一緒に歩きませんか?それとも走りますか?正しい歩き方や走り方お教え致します。お問い合わせ下さい。(^-^)ダァ~~~!!!
 なぎさ鍼灸整骨院  ☎ 043-301-2082 鍼灸師 加藤 祐樹(かとう ゆき)
Continue Reading